赤ちゃん > 赤ちゃんのひきつけ

赤ちゃんのひきつけについて

赤ちゃんのひきつけについてお話したいと思います。
赤ちゃんは、熱が出るとひきつけを起こしやすくなります。
熱があってひきつけを起こした場合は、2~3分で治まります。

自宅で様子をみる、ひきつけの症状は、ひどく泣いて手足が震える状態であれば、すこし様子を見てください。

受診するひきつけの症状は、ひきつけは2回目で、以前「熱性けいれん」と診断されたことがある。
5分以内でひきつけが治まり、元気があるなどです。

診察外でも受診して欲しい、ひきつけの症状は、ひきつけが初めてで、1日に2回以上ひきつけを起こしている状態のときです。

大至急診察をしなければならない、ひきつけの症状は、平熱なのにひきつけを起こしたり、5分以上ひきつけが続くなどの時です。
左右に差があるけいれんを起こしたり、治まった後でも赤ちゃんの手足がまひしていたり、意識がもうろうとしていたら一刻もはやく、受診するようにしてください。


■熱性けいれん
このけいれんの症状は、高熱のときに起こります。

かかりやすい年齢は6カ月ごろ~4才ぐらいで、38度以上の熱が出たときに、けいれんが起こります。
2~3分間、両手が突っ張った状態になり意識がなくなります。
これは発熱したことで、脳の神経細胞が一度に活動するのが原因です。後遺症はありません。
繰り返す体質の子どもは、発熱のたびにけいれんを起こします。

初めてのけいれんの時は、診療時間外でも必ず受診するようにしてください。

■憤怒けいれん 
憤怒けいれんは、激しく泣いた時に呼吸が止まって突然けいれんを起こします。
かかりやすい年齢は3カ月~3才に多く見られ、顔や唇が青くなったりします。
ほとんどが1~2分で治まりますが、手足が震えたりすることもあります。

このけいれんは、成長とともに起こらなくなります。薬による治療は必要ありません。
後遺症の心配もないでしょう。


■てんかん 
てんかんは、けいれんを起こしたり突然意識を失ったりします。

かかりやすい年齢は6カ月以降で、脳の一部に異常が発生して起きます。
何度も繰り返すため、後遺症が心配です。
てんかんはテレビの画面の閃光や点滅が原因とも言われています。脳に特別な異常がない時は、薬で症状を抑えます。
わからないことがあったら専門の医師に相談するようにしてくださいね。